まずこちらをご覧ください

 

  • 大企業と違って、うちには盗まれても困るような情報はない
  • すでにセキュリティ対策ソフト入れてるから問題ない
  • 費用をかけられない、かけたくない

上記のような声から今まで軽視されてきた情報があります。

しかしながら、皆さまは家に鍵をかけませんか?セキュリティは、家の鍵と同じで最新の物を導入しないと

「あそこは甘いから次はあそこだ」と狙われます。

 

  業務利用している各データが暗号化されてしまったら。

  運転資金がいつのまにか不正出金されてしまったら。

 

セキュリティは、家の鍵と同じで最新の物を導入しないと 「あそこは甘いから次はあそこだ」と狙われます。 セキュリティ機器Check Pointは インターネットの入口で多重の防御を実施し 御社のネット環境を自動的に護ります。

 

狙われる中小企業

情報流出による、被害状況と現状について

1.銀行口座が0に!不正送金被害にあっても銀行がなんとかしてくれない可能性

%e7%84%a1%e9%a1%8c被害件数が激増中(警視庁調べ)

ウィルス感染後の銀行口座被害額が、近年激増しています。

(2015年で30.73億円)

2014年7月には、全国銀行協会が補償の考え方を細かく規定するなど、事実上“被害にあった人全てを救済するのは無理だ”との見解を出しています。

 

2.では、銀行が助ける基準って?

%e7%84%a1%e9%a1%8c1銀行が入る保険金にも限界があります。

そのためセキュリティ対策をしているところから救済します。

 

インターネットセキュリティも、家の鍵も同じで、簡単な対策をしていればしているほど

「あ、ここ入りやすい。やってやろう」

これも人の心理ではないだろうか。

 

 

3.「うちみたいな小さな会社は狙われる対象じゃないから」むしろ積極的に狙われています。

%e7%84%a1%e9%a1%8c3被害の利率が大手企業から中小へシフトしている現状

緩やかに、大規模企業>中+小企業だったのが大規模企業<中+小企業にシフトしています。

大企業は、いち早くお金をかけて対策をしますが、中小企業は、設備投資にお金をかけにくく「盗みやすいところから盗む」という現代の考え方になっています。つまり、1,000万円~2,000万の口座被害が最も多いそうです。

 

 

4.ウィルス対策ソフトがあれば、防げるんじゃないの?

%e7%84%a1%e9%a1%8c4日本にでも馴染みのあの会社では・・

セキュリティ対策ソフトの副社長が発表した

「うち、ウィルス半分以上すり抜けてる」が当時大騒ぎに。

常に最新のセキュリティ対策ソフトに変えて行かないと、古いものを導入しているところから狙われています。信頼できる相談先に、今使っているソフトが現代のセキュリティ要件を満たすかをご相談ください。